LaVie LL780/ADのCPU交換

Celeron M 320 から Pentium M 725に換えてみた。




[PR]



2010年10月17日(Sun)
LaVie LL780/ADのCPU交換

NEC LaVie LL780/AD PC-LL780AD

NEC LaVie LL780/AD PC-LL780AD
型名
LL780/AD
CPU
インテル(R) Celeron(R) M プロセッサ 320
クロック周波数
1.30GHz
チップセット
ATI社製 MOBILITY(TM) RADEON(TM) 9100 IGP/IXP 150
発表日
2004/09/08

親父のPC。OSはWindows Xp Home Edition。まだまだ十分に使えるが、IE8&ウイルスバスターの構成なので『もっさり』感がある。ハードディスクはWD1200BEVEに交換し、メモリも最大まで積んでいる。常駐ソフトのカットでそれなりにキビキビとしてきたが、まだまだ満足できないのでCPUを交換してみた。

交換するCPUは Intel(R) Pentium(R) M processor 1.60GHz

参考にさせていただいたサイト

参考にさせていただいたサイトはyoko's Homepage PC SIDE
分解はノートパソコンのCPUを交換をしてみよう(5)
苦労せずに分解できたのはこのサイトのお陰です。

NEC LaVie LL780/AD PC-LL780ADを分解

ケーブル類は全てはずし、バッテリーもはずす。

本体後部の左右2箇所の爪をはずす。このとき、液晶部分はほぼ開ききった状態で行わないと十分にはずれない。

下の画像では既に電源スイッチのカバーが外れているが、このカバーの左右の黒い部分(液晶部分と本体を繋ぐヒンジのカバー)を持ち上げれば外れる。

電源スイッチのカバーと本体はケーブルで繋がっているので外しておく。外さないでも作業できるかもしれないが邪魔なので。

キーボードを外して、パネルを外す。
キーボードも本体とケーブルで繋がっているので外す。
パネルはネジ止めされているので、外したネジは失くさないように。

CPUファンとヒートシンクを外す。CPUファンとヒートシンクのネジはタイプが異なるので他のネジと分けておく。
黄色い円で示した部分はCPUファンのケーブル。これは外さなくても作業できそう。

ヒートシンクの裏側(CPUと接する部分)をみると凹みがある

2つのCPUを並べてみると、ダイのサイズが違うのがわかる。

ヒートシンクの凹み部分の形状が合わないが、交換したPentium M 725にグリスだけ塗ってこのまま組んでみる。

組みなおしたら電源を投入しBIOSの設定を行う。SpeedStepを有効にすると1.60GHzで動作する。

CrystalMark 2004R3での結果

--------------------------------------------------

CrystalMark Result
--------------------------------------------------
System Information
--------------------------------------------------
OS : Windows XP Home Service Pack 3 [5.1 Build 2600]
Display Mode : 1024 x 768 32bit 60Hz
Memory : 1151 MB
DirectX : 9.0c
--------------------------------------------------
CPU
--------------------------------------------------
CPU Name : Intel Celeron M (Banias-512K)
Vendor String : GenuineIntel
Name String : Intel(R) Celeron(R) M processor 1300MHz
Platform : Socket 479
CPU Type : Original OEM processor
Number(Logical) : 1
Family : 6
Model : 9
Stepping : 5
BrandID : 12
Feature : MMX SSE SSE2

Current Original
Clock : 1300.05 MHz 1300.00 MHz
System Clock : 100.00 MHz 100.00 MHz
System Bus : 400.02 MHz 400.00 MHz
Multiplier : 13.00 13.00
Data Rate : QDR
Over Clock : 0.00 %

L1 I-Cache : 32 KB
L1 D-Cache : 32 KB
L2 Cache : 512 KB [Full:1300.05 MHz]
--------------------------------------------------
Display Mode : 1024 x 768 32bit (ClearType)

CrystalMark : 30388

[ ALU ] 4556
Fibonacci : 1849
Napierian : 667
Eratosthenes : 736
QuickSort : 1282
[ FPU ] 5614
MikoFPU : 575
RandMeanSS : 2909
FFT : 1051
Mandelbrot : 1057
[ MEM ] 2283
Read : 867.27 MB/s ( 867)
Write : 442.02 MB/s ( 442)
Read/Write : 487.97 MB/s ( 487)
Cache : 4652.28 MB/s ( 465)
[ HDD ] 6392
Read : 45.69 MB/s ( 1827)
Write : 42.50 MB/s ( 1700)
RandomRead512K : 22.32 MB/s ( 892)
RandomWrite512K : 30.88 MB/s ( 1235)
RandomRead 64K : 5.20 MB/s ( 208)
RandomWrite 64K : 13.27 MB/s ( 530)
[ GDI ] 7011
Text : 781
Square : 2386
Circle : 2024
BitBlt : 1820
[ D2D ] 2942
Sprite 10 : 285.74 FPS ( 28)
Sprite 100 : 215.42 FPS ( 215)
Sprite 500 : 103.71 FPS ( 518)
Sprite 1000 : 62.94 FPS ( 629)
Sprite 5000 : 15.31 FPS ( 765)
Sprite 10000 : 7.87 FPS ( 787)
[ OGL ] 1590
Scene 1 Score : 1106
Lines (x1000) : ( 117123)
Scene 1 CPUs : ( 16)
Scene 2 Score : 484
Polygons(x1000) : ( 13734)
Scene 2 CPUs : ( 8)

--------------------------------------------------
CrystalMark Result
--------------------------------------------------
System Information
--------------------------------------------------
OS : Windows XP Home Service Pack 3 [5.1 Build 2600]
Display Mode : 1024 x 768 32bit 60Hz
Memory : 1151 MB
DirectX : 9.0c
--------------------------------------------------
CPU
--------------------------------------------------
CPU Name : Intel Pentium M (Dothan)
Vendor String : GenuineIntel
Name String : Intel(R) Pentium(R) M processor 1.60GHz
Platform : Socket 479
CPU Type : Original OEM processor
Number(Logical) : 1
Family : 6
Model : D
Stepping : 6
BrandID : 16
Feature : MMX SSE SSE2

Current Original
Clock : 1600.06 MHz 1600.00 MHz
System Clock : 100.00 MHz 100.00 MHz
System Bus : 400.01 MHz 400.00 MHz
Multiplier : 16.00 16.00
Data Rate : QDR
Over Clock : 0.00 %

L1 I-Cache : 32 KB
L1 D-Cache : 32 KB
L2 Cache : 2048 KB [Full:1600.06 MHz]
--------------------------------------------------
Display Mode : 1024 x 768 32bit (ClearType)

CrystalMark : 36572

[ ALU ] 6056
Fibonacci : 2268
Napierian : 1100
Eratosthenes : 949
QuickSort : 1717
[ FPU ] 7503
MikoFPU : 714
RandMeanSS : 4158
FFT : 1302
Mandelbrot : 1307
[ MEM ] 2858
Read : 1317.53 MB/s ( 1317)
Write : 443.08 MB/s ( 443)
Read/Write : 431.45 MB/s ( 431)
Cache : 6457.29 MB/s ( 645)
[ HDD ] 6369
Read : 45.67 MB/s ( 1826)
Write : 42.27 MB/s ( 1690)
RandomRead512K : 21.33 MB/s ( 853)
RandomWrite512K : 31.61 MB/s ( 1264)
RandomRead 64K : 5.20 MB/s ( 208)
RandomWrite 64K : 13.22 MB/s ( 528)
[ GDI ] 8570
Text : 1637
Square : 2611
Circle : 2411
BitBlt : 1911
[ D2D ] 2960
Sprite 10 : 289.08 FPS ( 28)
Sprite 100 : 217.55 FPS ( 217)
Sprite 500 : 104.51 FPS ( 522)
Sprite 1000 : 63.34 FPS ( 633)
Sprite 5000 : 15.39 FPS ( 769)
Sprite 10000 : 7.91 FPS ( 791)
[ OGL ] 2256
Scene 1 Score : 1592
Lines (x1000) : ( 202002)
Scene 1 CPUs : ( 32)
Scene 2 Score : 664
Polygons(x1000) : ( 23491)
Scene 2 CPUs : ( 16)

交換した感想

IE8の動作はかなり改善した。動作もよりキビキビしたものとなった。しかし、ハードディスクの読み書きにも良い影響がでると予想していたが、全く影響なしだったのが疑問だ。



   


PR



カレンダ
2010年10月
         
17
           

アーカイブ
2004年 (10)
9月 (2)
10月 (1)
11月 (3)
12月 (4)
2005年 (25)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (2)
5月 (12)
6月 (4)
9月 (2)
11月 (1)
2006年 (1)
2月 (1)
2007年 (12)
5月 (4)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (3)
9月 (1)
2008年 (6)
7月 (1)
8月 (1)
9月 (1)
10月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2009年 (7)
1月 (2)
4月 (1)
5月 (1)
11月 (2)
12月 (1)
2010年 (5)
3月 (1)
9月 (1)
10月 (2)
11月 (1)
2011年 (50)
1月 (8)
2月 (9)
3月 (1)
4月 (1)
7月 (14)
8月 (9)
9月 (1)
10月 (6)
12月 (1)
2012年 (16)
5月 (5)
6月 (3)
7月 (1)
8月 (5)
9月 (1)
10月 (1)
2013年 (1)
1月 (1)
2014年 (3)
5月 (2)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:46
昨日:91
累計:3,699,520